介護保険制度を利用する

薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD
介護をしていく際にまず考えなければならないのが、介護保険が適用されるかどうかです。
基本的に65歳以上の被保者(第1号被保険者)利用者が、要介護状態(常に介護が必要な状態)や要支援状態(日常生活に支援が必要な状態)になると必要なサービスを受けることができます。
介護サービスの利用者は、介護サービス費用の1割負担です。

在宅サービスの場合、被保険者の要介護度に応じて利用できるサービスの上限が定められています。
要介護度は、要支援と要介護の大きく二つに分かれます。
要介護状態とは言えないが社会的な支援を要する状態(要支援1、2)と、過酷な介護を要する状態(要介護度1〜5)まで7つのランクに分かれ、要介護度のランクにより給付額の上限も決まってきます。


この介護保険制度が適用される施設は、特別養護老人ホーム・介護老人福祉施設・介護老人保健施設・介護療養型医療施設などがあります。

介護施設への利用の方法には、要介護状態にある高齢者が、デイサービスセンター等へ通い、入浴、排せつ、食事等の介護、機能訓練を行う日帰りのサービス、 いわゆるデイサービスやリハビリテーションを必要とする時は、通所リハビリテーション(デイケア)を利用することが出来ます。

また、自宅介護で介護をしている人が一時的に介護を続けることができなくなった場合等に短期間入院し、看護、医学的管理の下での介護、機能訓練、医療、日常生活上の世話を提供するショートステイ(短期入所療養介護)もあります。

自分や家族だけで日常生活を営むことが難しくなった要介護者に対して、介護福祉士やホームヘルパーが自宅に赴き、入浴、排せつ、食事等の介護等の日常生活上のお世話を行う訪問介護や訪問入浴介護、訪問看護などのサービスが受けられます。

このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 


【高血圧】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。