介護施設管理士資格

薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD
介護施設を運営していくには、介護に関する知識をバランス良く習得すると共に、組織を束ねていける能力が必要です。
この人材育成支援として、介護施設管理士認定制度が設けられました。

介護施設の責任者である施設長は、介護ヘルパーやケアマネージャー、看護師等のスタッフと共に業務と要介護者と生活を共にしながら、経営とサービスとのバランスに配慮していく必要があるため、重要な判断が求められます。
現在では施設を預かる責任者に、どの程度の知識があれば運営がスムーズにいくのか判断基準がなく、人材のレベルアップが急務とされています。

介護を必要としている人は年々増えているが、介護に携わる介護職員ら専門資格を持った人が、待遇問題なども絡みどんどん介護現場から離れてしまっている、という現状があるからなのです。

人の命を預かる介護施設の責任者に対する認定試験で、施設管理者の教育について一つの基準を作り、関心を高めてもらう必要性から、医療介護ネットワーク協同組合では介護施設管理士認定制度が出来ました。
介護施設管理士認定試験は年2回行い、受験資格は18歳以上で合格者には、認定証を発行。
介護保険などの制度変更に対応するために、3年ごとの更新制度を設けています。
第一回の認定試験は、2008年(平成20年)6月に東京と大阪の2都市で実施されました。
合格者は介護施設管理士として認定されます。医療介護ネットワーク協同組合では、今後は2大都市ばかりでなく全国的に認定試験の輪を広げていくことを目標としています。

高齢社会の現状で介護施設を束ねる管理者の意識を高め、介護業界を働きがいのあるものにすることが求められています。



このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:介護費の確定申告
次の記事:老眼治療法

【高血圧】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。