老眼治療法

薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD
老眼の治療は、簡単な話ではありませんが、不可能な話でもありません。

老眼とは、目に起こる「老化現象」のことです。人間は年をとると肌が衰えたりするのと同じで、ほとんどの人が老眼になります。そのままにしていると何かと不便ですから、治療あるいは進行を遅らせる工夫が必要で。

中高年になると目が疲れやすくなりますが、その原因の一つが老眼です。

目には水晶体という部位があり、カメラでいうレンズに当たる部分です。この水晶体は、近くを見るときには厚くなり、遠くを見るときには薄くなります。
老眼は近くを見るために水晶体を厚くすることができなくなり、近くのものにピントが合いにくくなるのです。

老眼治療の前に、まずは老眼予防を考えましょう。

老眼は日頃訓練を行うことによりある程度予防できます。
つまり、老眼は水晶体を動かす筋肉の衰えが原因なので、老眼の対策として毛用体筋を鍛えればよいのです。

1.目をぎゅっと強く閉じる
2.5秒経ったら、パッと目を開ける
3.顔を動かさないように目だけを一周まわす(右回り、左回り1セット)
4.1〜3を2、3分繰り返して行う

このストレッチを普段から習慣付けると良いでしょう。

老眼の効果的な治療法は伝導性角膜形成術(いわゆる老眼治療CK(Conductive Keratoplasty)というのがあります。

元来、老眼になると老眼鏡や老眼用コンタクトレンズを使用していましたが、老眼治療をすることによって裸眼で生活を送ることが出来るようになったのです。老眼対策というだけでなく、老眼治療という積極的な行為です。

この老眼治療CKとは、アメリカでは日本の厚生労働省にあたる「FDA(米国食品医薬品局)」に2002年4月に認可され、安全性が保障されています。

日本でも2004年から行われ、メスは一切使用せず、視力回復手術レーシックのように角膜を削るわけではないので合併症の発生率もレーシックに比べて低く、極めて安全性の高い手術です。

ただし、老眼は年齢と共に確実に進行するので、伝導性角膜形成術(老眼治療CK)を受けたからといって、この先ずっと老眼の症状が出なくなるわけではなく、再び老眼になる可能性は否定できません。

老眼治療といっても、完治し、再発しない魔法の杖ではありません。



老眼は、誰にでも起こりうることなので、出来るだけ症状が出ないように努力することが大切です。



14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"



【Dr.LENS(ドクターレンズ)】
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!
タグ:老眼治療法

 


【高血圧】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。