老眼治療CKの実際

薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD
老眼治療法として老眼治療CKが注目されています。

老眼治療を決意し、病院の門を叩く前に、治療に関する一連の流れを心積もりとして知っておきましょう。

●老眼治療を受ける大まかな流れ
・適応検査の予約&相談
・適応検査&カウンセリング
・老眼治療CK手術
・術後は定期的「翌日・2週間後・3ヶ月後・6ヶ月後」などに検診を受ける

●老眼治療CK(伝導性角膜形成術)の流れ
点眼麻酔後、ラジオ波(高周波)を角膜の中心から6-8mmの周辺部 に細い針の先から照射する 。
照射した部分だけ角膜のコラーゲン組織が収縮し、角膜のカーブが変化します。それによって目の中に入る光の屈折が変化し、遠視や老眼を治す事ができます。
手術時間は片眼わずか3.4分で、負担が少ない手術が老眼治療CKです。
従来はあらかじめ角膜上にマーキングした位置へ針を刺し照射していましたが、テンプレートを用いることによって正確な位置に正確な力加減でラジオ波を照射する事ができ、さらに精度がアップしました。
感染症を防ぐための点眼をして終了です。
老眼治療術後、担当の医師によって診察を受け、保護用のコンタクトレンズを装用し帰宅します。


手術直後は光が眩しいと感じたり、眼に異物感がする場合もありますが、翌朝起床時にはそれらの症状はほとんどの場合なくなっています。

老眼治療CK(伝導性角膜形成術)を受けた場合、術後順調に視力が回復しているか、何か問題が起こっていないかを調べるために定期検査を行います。

自分で何かおかしいと感じたらその都度診てもらうことも大切です。

老眼治療CKは安全な手術として多くの方が受けていますし、問題の可能性は低いと言われています。しかし大丈夫だと思っていても、何か不具合が生じている可能性もあるので必ず定期健診は受けるようにしましょう。


14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye"

 
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:老眼治療法
次の記事:老眼予防サプリメント

【高血圧】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。