レーシックと老眼治療

薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD
レーシックの手術を受けようとする時、老眼が入ってきそうな年代の人や若い人が将来老眼についてどうなのか、とても気になると思います。
逆に老眼治療にレーシックは有効なのかどうかについても考えてみましょう。

そもそも老眼とは目に起こる老化現象なので、肌が衰えたりするのと同じように、ほとんどの人が老眼になります。
原因は、水晶体の衰えです。年齢を重ねるにつれて水晶体は固くなっていき、近くのものにピントを合わせることが難しくなります。

レーシックは、角膜の上層部を削り、目のレンズである角膜の屈折を調整し、度数を変える手術です。
角膜レンズの度の強さを調整する効果はありますが、角膜とは直接関係のない老眼を治療する力はないのです。

さらに言えば、老眼は近くの物が見難いということなので、近視の人に対しては近くを見るのに都合が良いとも言えます。
逆にレーシックで近視を矯正した人は、矯正しなかった場合よりも度の強い老眼鏡を作る必要性が出てきてしまう可能性もあるのです。


中等度以上の近視の場合は、加齢とともに遠近両方見える眼鏡が必要となるので、複数の眼鏡を持ち歩くよりは、レーシックを受けて老眼鏡だけかけるという手段もあります。
近くが眼鏡無しで見えるような比較的軽い近視の場合は、レーシック手術はほとんど勧めないのが現状です。


レーシックによる老眼対策としては、レーシックにより片眼を遠方視に、もう片眼を近方視にあわせるモノビジョンと言う方法、両眼ともやや近視側に設定する方法、完全矯正を行い老眼鏡をかけるという方法があります。

屈折度・職業・生活環境・趣味などのライフスタイルに合わせてレーシックが適応かどうか判断する必要があります。

レーシックでは老眼の完治はしないので、眼鏡をかける必要が出てくることもあります。老眼鏡も様々な種類があり、目的に応じて選ぶことも可能です。

正しい情報をキチンと把握した上で、レーシック手術が必要かどうか判断をしてください。



このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 


【高血圧】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。