老人ホームの種類

薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD
老人ホームとひとくちにいっても、実はさまざまなタイプがあります。

高齢化社会はますます進みますから、必要なことですし、老人ホームが多様化しつつ増えていくことは望ましいことだと思います。

公的、民間、タイプ別にいろいろな老人ホームがあり、メリット、デメリットがそれぞれにあります。


・介護老人福祉施設(「特別養護老人ホーム」「特養」)。
・介護老人保健施設(「老健」)
・グループホーム
・有料老人ホーム

などが主なものです。

いわゆる「特養」は安価というメリットがであるものの、入所待ちでしかも相部屋になることが多いです。
人気があるとともに、余裕がある人には敬遠される傾向にあります。

「老健」は、リハビリ施設です。病院と自宅の中間的な施設で、入所期間が3ヶ月程度。リハビリが終わったら出て行くことになります。また、ケアハウスは、個室で食事サービス付きというものが多いですが、身の回りのことは自分でできるという条件がついていたりします。介護の必要度が大きい場合は入所できなかったり、退所しなくてはならなくなったりします。

グループホームは、基本は個室生活ですが、食事や入浴は共同生活です。
家庭的、家族的な環境下での共同生活は、軽度の痴呆症の方には適度な刺激となることから、症状の悪化を防ぐ一助となります。

有料老人ホームは、民間経営でいろいろなタイプがありますが、比較的高額な資金が必要となります。最近は比較的安価なものも登場していますが、有料という点は利点でもあり、ネックでもあります。
このエントリをはてなブックマークに登録  このエントリをlivedoorクリップに登録  この記事をPOOKMARKに登録する  newsing it!

 

前の記事:急な運動は逆効果

【高血圧】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。