骨そしょう症と向き合う > 骨粗鬆症

急な運動は逆効果

運動はいろいろな意味で大切です。特に骨そしょう症対策としての運動は重要です。しかし無理をするとケガなどにつながり、ひどい場合には骨折を起こしてそこから寝たきりになる中高年者もいますので、不用意な運動は避けましょう。運動の手始めとしてジョギングを行う方も多いですが、中高年は骨が弱り、筋力が衰えている…...

 

骨そしょう症

骨粗鬆症という字はなかなか読めません。読めても書けません。一般的には骨粗しょう症でしょぅか、骨粗しょう症でしょうか?とりああえずこのサイトでは「骨そしょう症」と表記することにします。骨そしょう症のことは、英語では osteoporosis。財団法人骨粗鬆症財団(http://www.jpof.or.jp/)が詳しい情報を提供していま…...

 

骨粗鬆症のややこしさ

骨粗鬆症の治療といっても、魔法のような治療薬があるわけではなさそうです。骨粗しょう症は治療よりも予防が大切です。骨粗鬆症の原因は老化とカルシウムの不足にあるということですから、若いうちから、普段から気をつけるという以外にはないのかもしれません。骨粗しょう症のガイドラインはこれからもっと整備されてく…...

 

ウォーキング

骨そしょう症の予防と改善。そのためにはカルシウムを充分に摂取するよう食生活を見直すことが重要です。あとは、適度な運動と、適度な日光浴を生活に取り入れること。運動するにあたって、あくまでも「健康づくりのための運動」を意識することが大切です。運動の成果を人と争ったり、記録に固執するような無理な運動はか…...

 

骨そしょう症の症状

骨そしょう症になると非常に骨がもろくなります。軽石のようにスカスカの状態になっているため、非常に骨折しやすくなります。ちょっと上下方向に圧力がかかった程度でもタイミングが悪いと脊椎の椎体に圧迫骨折を起こしたりします。また、骨そしょう症の場合、腰や背中が重く感じるようになって、慢性的な腰痛になること…...

 

X線検査による所見

60歳以上の女性において、腰や背中に慢性的な痛みの症状がある上に、腰が曲がってきているという場合、骨そしょう症を疑っておいたほうがよいでしょう。骨そしょう症の診断は、問診、視診、およびX線検査などにより行われます。そのほかアイソトープやX線の吸収度で測定する方法、超音波を用いる方法、X線の吸収度から測…...

 

リンとマグネシウム

骨そしょう症の予防と症状の改善に大きく関わっているのは、カルシウムとリン、そしてマグネシウムといわれます。骨は主にカルシウムでできているため、カルシウムの重要性については、よく知られていますが、リンとマグネシウムはどういった働きがあるのでしょうか。リンは穀物や肉類に多く含まれるミネラル成分です。マ…...

 

腰痛対策と正しい姿勢

骨そしょう症になると、その症状のひとつとして腰痛が表れることが多いようです。急性の腰痛に対しては、3週間ほどの安静が必要になります。また消炎鎮痛薬や筋弛緩薬の投与によって、痛みを散らすという治療も図られます。高齢の方にとって、なるべく早くベッドを離れる努力が必要です。適度な運動により筋力を鍛えまし…...

 

骨量の変化

人間の骨量は、骨格の成長とともに20歳ぐらいまでは増加していきます。成人期に骨量のピークを迎え、その後は年齢と共に徐々に減少していくのが一般です。成人期の骨量のピークはピーク・ボーン・マス=最大骨量と言われています。高齢になったときの骨そしょう症を防ぐには、この最大骨量ができるだけ高くなるようにする…...
タグ:骨量の変化

 

正しい姿勢のチェック

人は高齢になると、身長が縮み、背中や腰が曲がってきます。腰痛や背部痛が出てきますし、ちょっとしたことですぐに骨折するようになります。これが骨そしょう症であると思って間違いないでしょう。骨そしょう症では、背中や腰が支持しきれなくなり、曲がってきます。姿勢が悪くなると、身体のバランスが崩れ、普通に歩い…...

 

高齢化と骨そしょう症

人間の骨組織は年齢を重ねるにつれて劣化していってしまいます。高齢になるにつれカルシウムの代謝のリズムや内分泌が変化し、骨の総量はどんどん減少していきます。骨はやせ、骨密度も低くなり、最後には軽石のようにスカスカの状態になってしまいます。さらに体内のいろいろな臓器の働きも落ちてきます。腎臓の働きが落…...

 

運動と故障

中高年になり、骨そしょう症の症状が出てくると、骨が弱ってきてしまいます。健康のためにとジョギングなどを始める人も多いでしょうが、やり方を間違えたり、やりすぎては大事故につながることもあります。骨そしょう症を予防するためには運動がひつようですが、自分の身体に相談し、医師にも相談したりして、自分に合っ…...
タグ:運動と故障

 

水中運動の勧め

骨そしょう症の予防と対策には、カルシウムの摂取をはじめとする食生活の改善と、適度な運動、および日光浴が重要です。骨を強くする、それを考えるとカルシウムの摂取ばかりに目が行きがちですが、実は運動も重要な要素なのです。運動は、食品から摂取したカルシウムが骨に蓄積するために必要になります。また適度な運動…...

 

生活改善

骨そしょう症の予防と改善のためには、普段の生活をもう一度チェックしなおす必要があります。ポイントは以下の3つになるでしょう。1.食事骨は口から摂取される食べ物を元にして作られます。骨をつくる材料がなくて、骨を強くしようとしても話になりませんね。特にカルシウムを含んだ食物を充分にとることを心がけるべ…...
タグ:生活改善

 

骨そしょう症の治療

骨そしょう症については、カルシウムを摂取し、より効率的にカルシウムを吸収するための食生活の改善や適度な運動、日光浴によりカルシウム補給の効率を上げるためのビタミンDを増やすといった日々の生活改善が必要だと言われます。これらにより骨そしょう症の予防、さらなる悪化を防ぐことが重要な対策となります。しか…...

 

骨そしょう症予備軍

人は高齢になると、誰でも骨がもろくなり、骨折しやすくなります。また腰や背中が曲がってきます。これが「骨そしょう症」といわれる病気です。以前は主に40歳以上の中高年者、特に50歳以上の女性に多くみられる病気でした。ところが近年になって、骨そしょう症が若い女性が増えているということが調査により明らかにな…...

 

女性と骨そしょう症

骨そしょう症は、実は2種類に分けられます。一つは高齢者にみられる「老人性骨そしょう症」。もう一つは閉経後5年から10年で現れるようになる「閉経後骨そしょう症」です。骨そしょう症はこれら二つの症状の原因が重なる50歳以上の女性に多く見られます。一般に、60歳以上の女性で腰が曲がっていたり、慢性的な腰痛があ…...

 

骨そしょう症の人の食事

骨粗鬆症(こつそそうしょう)とは、まさにその字のごとく、「骨」が「粗」く「鬆(す)」が入ったようにもろくなってしまう症状のことを指します。骨そしょう症は高齢者や閉経後の女性に多く見られます。骨そしょう症の原因としては、カルシウムの摂取不足や、閉経によるホルモン代謝のバランスの変化が考えられています…...

 

ビタミンD

骨そしょう症の予防と改善。これには毎日の食事においてカルシウムを充分に摂取することが必要です。しかしカルシウムはただ単に摂取しただけではダメで、いかに効率よく骨へ吸収、沈着させるかというのが重要です。カルシウムの骨への沈着を補助するのが、ビタミンDの役目です。ビタミンDは、体内の石灰とリンの代謝を…...

 

牛乳と青菜の組み合わせ

骨そしょう症はカルシウム不足が主な原因ですから、骨そしょう症の予防、改善には、毎日の食事のなかで特にカルシウムを多く摂取する必要があります。カルシウムを多く含む食品のなかでも、食生活に取り入れやすく、カルシウムの吸収効率がよいとされる牛乳や乳製品を中心にして考えるのがよいでしょう。牛乳も、飲むだけ…...

 

骨粗鬆症記事一覧


【高血圧】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血圧が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。